国道120号線整備改良促進期成同盟会総会

国道120号線整備改良促進期成同盟会の平成24年度総会に出席いたしました。

その際の資料がこちらになります。

 

 

24年度利根沼田管内は約12億円の予算が計上されました。
みなさんの要望を反映した結果となりました。

椎坂トンネルは平成26年秋開通予定です。
総事業費は96億円となり、交通の難所の解消となる予定です。
今後必要なのは、開通したことに満足するのではなく、片品村や老神温泉、白沢町など今後の活性化について、今から研究することが必要であると思います。

望郷ラインも当時開通すれば、活性化するといって約440億円をかけて建設した結果、ご覧のとおりです。

まずは市長村長の具体的な意見を出していただき、群馬県当局に反映することが必要となります。
せっかく群馬県議会副議長が片品村選出なのですから、最大のチャンスではないでしょうか。

 

 

(金井康夫事務所より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です