群馬県こんにゃく現地研究大会

利根沼田文化会館で行われました、平成24年度群馬県こんにゃく現地研究大会にお招きいただきました。

 

 

群馬県内各地から、こんにゃく生産者など600人ほどの方々にお集まりいただきました。

群馬テレビも取材に来ています。

自民党こんにゃく議員連盟会長、佐田玄一郎衆議院議員にお出でいただきました。

群馬県議会を代表して、星野寛副議長のご挨拶です。

会場に飾られたこんにゃくです。
背丈ほどありますね。

 

この研究大会では、利根沼田の30~40代のこんにゃく農家の後継者の方々が発表されました。
若い力で、利根沼田のこんにゃく農業の振興につなげて欲しいですね。

また、農薬の適正使用についての情報提供、大会名にあるように現地視察も行われ、こんにゃく農家の方々が互いに情報を共有し、より良いこんにゃく生産をできるように努力しています。

昭和村を始め、群馬はこんにゃくが名産ですが、それはこうした研究の積み重ねがあっての成果だと感じました。

(金井康夫事務所より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です