須賀神社鎮座400年祭

須賀神社鎮座400年祭にお招きいただきました。
須賀神社
慶長17年(1612年)に真田信之が本町町割をするにあたり現在地に移築したと言われる。  明治元年(1868年)に須賀神社と改め、氏子は6か町で明治16年(1883年)に村社、21年には北白川宮殿下の参拝、幣帛料を奉納せられ、さらに昭和3年(1928年)には郷社に列せられた。 祭典は、毎年8月3・4・5日、いわゆる祇園祭として大祭を行い、旧暦7月25日に秋祭をおこなう。 (沼田市HPより)

 

 

皆さんの表情から、須賀神社が長年、地域の住民の心のよりどころだったことがうかがえますね。

神輿渡御も安全に執り行われました。
関係者の方々、お疲れ様でした。

(金井康夫事務所より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です