八ッ場ダム 状況報告

八ッ場ダムの現状に関する資料を添付させていただきます。

 

 

 

 

 

 

今後は官房長官裁定によって、決まるものとなっています。
有識者会議5回目が昨日行われたようですが、共通の認識のずれによって、今後さらなる検討を行う予定となっています。

地元住民は半世紀もの間、翻弄されてきています。

特例公債法案もそうですが、そろそろ決める政治を行ってもらいたいものです。

地方が国の政策に翻弄され続け、疲弊しています。
一日も早い決める政治を行うべきであります。

 

(金井康夫事務所より)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です