沼田ユネスコ協会創立40周年記念式典

沼田ユネスコ協会創立40周年記念式典にお招きいただきました。

ユネスコは、第2次世界大戦が終わった昭和20年、人類が2度と悲惨な戦争を繰り返さないようにとの願いを込めて憲章が採択され、翌昭和21年に創立された国際連合の専門機関です。
戦後復興の最中である昭和46年、豊かな自然を有する沼田の地に、沼田ユネスコ協会が産声をあげました。

沼田ユネスコ協会の歴史を紐解きますと、地域の一民間組織でありながら、少年少女合唱団をはじめ、各地への研修視察、アジアから留学生を招いての「アジアの連帯を考える集い」まで、実に多岐にわたる活動をなさっています。
近年でも、沼田市内中学生が出席しての国際理解バス、「平和の鐘を鳴らそう」の実施といった、沼田ならではありつつ、大きな活動を行われています。
政治の世界に身を置く者として、その活躍ぶりにただただ頭が下がるばかりです。
わたしたちの大先輩の方々が、地道にこの利根沼田の地で平和のための活動された40年という歳月に思いはせると、その歴史に敬服する次第です。

「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和の砦を築かなければならない」とは、ユネスコ憲章前文の有名な言葉です。
わたしは、この自然があふれ、緑が豊かな利根沼田の地こそ、人々の心に平穏をもたらし、「平和のとりで」が築かれるものだと思っております。
利根沼田の地で、ユネスコの活動が行われることは、特に意義があるものではないでしょうか。
激動の国際社会の中で、沼田ユネスコ協会が世界平和へ貢献してきたと確信しております。

 

功労者表彰、並びに感謝状の贈呈が行われました。

沼田ユネスコ少年少女合唱団です。

 

沼田ユネスコ協会の創立40周年を記念するとともに、さらなるご発展とご活躍を祈念申し上げ、わたしのお祝いの言葉に代えさせていただきます。

(金井康夫事務所より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です