議員研修会 群馬県の観光・PR戦略

1362641761796

県議団研修会が行われました。
講演内容は、群馬県の観光・PR戦略について行われました。講師は東日本旅客鉄道株式会社、執行役員 江藤社長です。

群馬県は自分達そして地域が生き延びることに必死になる必要がないなどの要素があるとの話がありました。
確かに、自然環境には恵まれ、食物、道路網、東京への通勤圏ということで住居などにも恵まれていることも言えるかもしれません。

鉄道網活性化、地域活性化の取り組み。
群馬DCによって、入込観光客が1900万人となりました。地域おこし、地域文化発信の観光キャンペーンとして可能性が語られました。
大きな成果は、それぞれの地域で何ができるか、自分に何ができるかなどオール群馬で取り組んだことが成功に結びついたのではないかと思います。

今後はオール利根沼田で頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です