農政振興議員連盟勉強会

農政振興議員連盟勉強会が行われました。

JA群馬中央会から池田専務理事が参加しました。

群馬県当局も参加しながらの勉強会でありました。3月15日内閣官房の発表では関税撤廃した場合のマクロ経済効果は、実質GDPが3.2兆円増加するとのことであります。

利根沼田として気になる農林水産物の影響試算のなかで、こんにゃくの今後の影響が心配な所ですが、今回の関税撤廃対象国、11カ国のこんにゃくの輸入実績がほとんど無い事からTPPに参加しても影響がないとのことでありました。

平成、こんにゃくの影響は102億円が示されていました。これは全世界を対象としたものだという事です。

将来的には迂回輸入、生産されることなどの心配があるのではないでしょうか

群馬県としても早急に11カ国対象とした本件への影響を示すべきでありましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です