利根町河川敷内雑木伐採要望

沼田市利根町追貝地内(高戸谷・大楊も含む)、片品川と栗原川が合流する付近中洲、及び川岸の樹木伐採等について沼田市議会、山宮敏夫議員より相談がありました。

 

アカシア等が成長し、大型台風等の洪水発生時、倒木により流下機能への影響、水害が心配されます。

 

また、種が飛散し近隣住宅の庭や耕作放棄地で育ってしまい管理が非常に困難な上、畑の作物にも影響が出ているようです。

 

赤斜線が要望箇所 右上から栗原川、中央が片品川(資料提供:山宮敏夫様)

 

栗原橋より上流方向

 

栗原橋より下流方向 写真右側が中洲

 

当初、地元市民より山宮敏夫議員に要望があがり沼田市と国土交通省に繋いでいただいた後、当該河川は群馬県の管轄ということで当事務所にお話しをいただきました。

 

 

沼田土木事務所鎌田営業所に相談したところ河川は県管轄ですが国により堤防等の河川改修工事が行われたため国の管轄(国の河川管理施設)ということが判明しました。

 

再度、国土交通省片品出張所に繋ぎ、予算要望をあげていただきました。予算がつき次第施行される予定ということです。

 

なお、要望箇所には片品川流域一部が含まれ、そちらは県管轄ということで、国の対応、状況を見て要望をあげていく準備をしていただいています。

 

今後も今回のように国、県、市、連携して行きたいと思います。

解決しましたらご報告させていただきます。

(金井康夫事務所)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です