一級河川薄根川護岸整備要望

沼田市秋塚町地内、薄根川護岸の整備に関して相談がありました。

 

現場の状況はコンクリート護岸が途切れた付近から大きく浸食されており、今後更なる浸食により崖崩れが心配されます。

 

石垣付近から2mほどの浸食を確認

 

崖上には秋塚町の俳人、宮田椿岱ゆかりの十王堂や沼田の名木百選でもある観音堂しだれ桜があるうえ、広大な共同墓地にもなっています。

 

早速、沼田土木事務所に繋ぎ、視察を行っていただいた結果、浸食は確認できたがすぐに崩れる心配はないとの見解により、本来の要望である堤防の建設ではなく早急に対応可能な応急処置(簡易的な障害物設置や川の流れを変えるなどの対策)を行っていただけることになりました。

堤防の建設は今回の対応による結果をふまえたうえ、検討・予算要望を行います。まずは早急の施工を切望します。

 

今後、進展がありましたらご報告致します。

(金井康夫事務所より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。