群馬県一般会計予算 実質28億円の黒字

すでに7月23日付『上毛新聞』で報道されましたが、群馬県は7月22日に2013年度一般会計決算見込み(速報)を発表しました。

歳入が6899億円(前年度比3.0%)、歳出が6817億円(同)とそれぞれ4年ぶりに前年度比を上回りました。
翌年度に繰り越すべき財源を差し引いた実質収支は28億円の黒字でした。

県財政課は、「税収は回復しているが、交付税や基金残高が減り、全般的には厳しい財政状況」としていますが、大澤知事の下による県政運営の成果だと思います。

大澤知事とより連携し、県政発展のために努力して参りたいと思います。

(金井康夫事務所より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です