平成26年度 地元県議を囲む教育懇談会

毎年恒例、地元県議を囲む教育懇談会が開催されました。
参加者は、皆さん小中の校長先生ばかりです。

DSCF1412

宇敷沼田市教育長より、冒頭ご挨拶をいただきました。

DSCF1437

先輩であります利根郡選出・星野寛県議より県政報告です。
緑の県民税についてご報告をいただきました。

DSCF1453続きまして、自分の県政報告です。
現在、県議会において、交通安全対策特別委員会に所属させていただいております。
今回、群馬県の初心者事故率全国ワースト1位という現実を受けて、高校生に二輪車を運転させない、買わせない、免許を取らせないの「3ない運動」が見直されていること説明させていただきました。

DSCF1470

そして、先進事例として、神奈川県の「かながわ新運動」を紹介いたしました。
これは、高校生自身が主体となり、学校・家庭・地域が相互に協力連携しつつ支援していく「高校生の、高校生による、高校生のための交通安全運動」でして、今までの禁止・規制から安全教育への転換を意味します。
これにより、同県の交通事故死亡者・事故者は減っているのが現実です。
群馬県としても、大いに参考にしたいと思います。

先生方、ご清聴いただきまして、ありがとうございました。

(金井康夫事務所より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です