「ぐんまのすき焼き」を囲む会

「ぐんまのすき焼き」を囲む会が開かれました。

群馬県は、国内で初めてEU(欧州連合)に輸出が開始された「上州和牛」、生産量全国第1位の「こんにゃく」、全国的に知名度の高い「下仁田ネギ」、生産量上位の「生しいたけ」や「しゅんぎく」など、「すき焼き」に必要なすべての食材を県産でそろえることができる「すき焼き自給率100%」の県です。
群馬県が誇る「究極のおもてなし料理=すき焼き」を、全国、そして海外にも発信していくため、「群馬県すき焼きプロジェクト」を始動し、今回もその一環として開催となりました。

15224732_1161651630598490_1820826064_o

15225230_1161651637265156_1206747316_o県議会環境農林常任委員長として、挨拶の機会をいただきました。

15281002_1161577270605926_1382674359_n15227857_1161577283939258_472884001_n

15209219_1161577250605928_275639567_n

当日は、すき焼き弁当コンテスト、親子でつくるすき焼きコンテストの表彰式が行われました。
どれも工夫を凝らした、大変素晴らしいものでした。

15218228_1161577257272594_228882465_n 15281155_1161577300605923_217461082_n 15209032_1161577310605922_1031117316_n 15226438_1161577307272589_2042005440_n

交流会では、群馬の食材をふんだんに使ったすき焼きを堪能いたしました。

ご一緒した皆さま、ありがとうございました。

すき焼きの県としての魅力をもっともっとアピールして参りたいと思います。

(金井康夫事務所より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です