桔梗館

平成29年11月、県立沼田高校創立120周年記念事業の一環として、構内に保管されていた歴史的・文化的価値のある諸資料を管理・展示する「沼高郷土資料室 桔梗館(けっこうかん)」が整備されました。

美術・歴史部門、考古部門、自然(尾瀬室)部門、校史部門の4つに分かれています。

旧土岐家関連の資料や縄文土器、尾瀬産特殊植物標品など、大変価値のある資料が展示されています。
興味深く拝見いたしました。

伝統(tradition)とは、数えきれないくらい多くの人々が後の世に残すことが正しいことと判断し、伝え来られ(trade)しものです。
一つの世代では得られないものだからこそ、尊いものなのです。

桔梗館はどなたでも入館できます。
貴重な資料を是非ご覧になっていただければと思います。

(金井康夫事務所より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です