利根中央病院移転

今朝の上毛新聞に利根中央病院移転の記事が出ていました。
昨日、沼田市議会で野村議員から一般質問があったようですが、記事を読んだり他からの情報では。

野村議員からの質問では、実現すれば経済の活性化につながるのではとの質問に対し、市長答弁で移転に関しては、「近々総代会があるので、そこでの結論を待ちたい。利根中央病院が移転を決定したのちに、私たちに意見を求めてくると思い、発言を慎重にしたいと」、終始かみ合わない様子だったといいます。

私が思うには、日赤問題を教訓とするならば移転協議では、群馬県と前橋市は相当な労力を使って、地元説明会、救急医療、周産期医療など行ってきたわけでありまして、総代会の決定を待ってからでは混乱を招く恐れがあると思います。

利根中央病院は利根沼田広域圏の医療の中核でもあるわけで、沼田市としてやらなければいけないことは

*各市町村長や議会への説明。
*現在建設されている東原中心とした地元説明。
*移転先となる沼須町への救急医療施設が移転になることへの説明。

これらの問題は沼田市側の健康福祉部と群馬県医務課、利根中央病院とで相当研究が必要なわけで、日赤問題のようにならないことを祈ります。
一番必要なのは、沼田市が沼須町へ利根中央病院を移転することへの必要性を、群馬県へ説明をしなければならないことではないでしょうか。

One Response

  • 移転には膨大な金額が必要で 現在の利根中央病院には 借金も負担もできないでしょう。それよりも出資者に追加支援をお願いしているようで、現実的には 弱い立場の市民たちから 返す宛のない 金品を搾取しているように思えます。 詐欺事件にならないうちに食い止めて欲しい。
    ふるさとのために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です