奈良町 暖江水田 農業用水取入れの件

沼田市奈良町奈良古墳下の暖江水田への水の取り入れが困難、取り入れ口の工事をしてほしいとの要望がありました。

現場を視察したところ蛇行した河川の水勢で水路入口に大量の石が堆積していました。

大量の石が堆積した取り入れ口

 

沼田土木事務所に相談したところ、農業用水の関係で管理者(県)が動くのは難しいということで、利根沼田農業事務所、農村整備課へつないで頂きました。

農村整備課としては農業用水を安定的に取り入れるために協力はするが、受益面積・規模等調べた結果、県での実施は難しいとのことで沼田市につないで頂きました。

沼田市で行うにしても農家の負担が生じること、申請、許可を取ってから着工となりますので時間がかかるということでした。

 

要望者様を訪問し報告したところ、毎年地主有志で重機を入れて石を退けているとお聞きしましたので行政区長から市へ要望を出して頂けば重機使用への9割補助が得られることを説明しました。現在は検討中とのことです。

今後の経過を見守っていきたいと思います。

(金井康夫事務所より)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です