一般国道17号新三国トンネル要望実現へ進展

先日、一般国道新三国トンネル開削促進期成同盟会総会が開催され出席してきました。

 

平成12年に「一般国道新三国トンネル開削促進期成同盟会」を結成し、新三国トンネルの早期開削の要望を行って参りました。

総会資料①

総会資料②

平成25年5月にトンネル関連の予算が成立、同年9月に起工式及び鍬入れが盛大に執り行われるなど、同盟会の長年の活動が実を結び、完成に向け大きく進展しています。

 

一般国道17号三国峠は、首都圏と新潟県を結ぶ重要な幹線道路であると共に新潟県と群馬県の経済活動や情報の交換・交流活動等、両県民の生活に大きく寄与しています。

 

同盟会は、早い開通を進めるため、引き続き関係機関と連携し、関連予算確保開通実現のため今後も様々な事業を行っていくとのことです。

 

1日でも早い実現を期待しています。

(金井康夫事務所)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です