国道120号線沿い吹付工法面雑木伐採要望

沼田市利根町高戸谷町地内、国道120号線沿いの吹付工法面より繁茂している樹木の伐採に関する相談がありました。

 

現場を確認したところ確かに法面が見えなくなるほどの樹木が生い茂っていました。

法面を覆う樹木

 

 

相談者によりますと、巨木に成長した樹木は吹付法面を傷める危険性があること、また野生の猿も目撃されているので早期の伐採をお願いしたいとのことでした。

 

 

早速、沼田土木事務所鎌田営業所に相談したところ、現場は吹割の滝の景観区域に指定されているため、できる限りコンクリート地を出さないよう施工されたようです。

そのため当該箇所の吹付には植物が生えるようにポケットがついており木が生えること自体は問題ないとのことでした。

 

ただ、法面を傷める危険性があるほどの巨木、また歩行者の妨げになる樹木がある場合は伐採、剪定をしていただけるようです。

 

通学路上であり、また交通量の多い国道沿いでもありますので早期の対応、解決を切望致します。

(金井康夫事務所)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です