多那地区獣害防止柵設置要望

沼田市利根町多那地区より獣害対策として野生動物侵入防止柵設置に関する相談がありました。

 

野生動物の足跡

 

 

多那区長をはじめ、地元農業関係者らと話し合いを行ったところ、現時点では国庫補助金である「多面的機能支払交付金」(長寿命化整備計画)を申請し、毎年僅かずつではありますが防護柵の設置を行っていく予定ということでした。

 

ただ、集落全体に設置するにはおよそ10kmにおよぶ柵が必要でこちらの補助金のみでは難しいようです。

 

完全に囲うには約10kmにおよぶ柵が必要に

 

 

 

そこで、利根沼田農業事務所と相談し、以前も沼田市より他の地区でも申請しました「中山間地域所得向上支援対策」を紹介させていただきました。

 

こちらの事業目的に“収益性も高くまた意欲ある農業者の所得向上等を図る支援”とあります。当地域は、沼田市でもトップクラスの優良農業地で生産量も大きいことからこちらの事業目的に合致し、獣害対策をしっかり行えばより生産量、所得も向上し沼田市にとってもプラスに働くと思われます。

 

ただ、こちらの事業は補正予算により実施されるため予定が立てづらいこと、また成立には市(あるいは農家)の負担(補助裏)も必要で沼田市のお力添えも必要不可欠であるなど、クリアすべき問題もあります。

 

 

耕作放棄地もほぼなく、また意欲ある若手後継者も多い活気ある多那地区農業の益々の発展のため早期解決を切望致します。

(金井康夫事務所)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です