滝合用水 取水口に関する要望

みなかみ町下津から沼田市上川田町にかけての水田に水を供給している滝合用水に関する相談が沼田市議会茂木清七議員よりありました。

 

取水口から数百メートルにわたり続く滝合用水

 

 

現場を視察したところ、9月上旬の大雨により河川の流れが変わり取水口から水が供給できない状態で河床の整備が必要と感じました。

 

取水口 視察時は河川水量が少なく水路も詰まっていたため逆流していた

 

本来であればこちら側(写真中央奥)から流れるはずだが・・・

 

 

毎年用水路の維持管理は「多面的機能支払交付金」を活用し行っているようですが、取水口は一級河川の利根川に面していることから当事務所に相談されたようです。

水路内には増水により泥や石が堆積していた

 

 

河川工事ということで沼田土木事務所に相談したところ農業用水の関係で管理者(県)が動くのは難しいとの回答を受け利根沼田農業事務所、農村整備課へ繋ぎました。

 

早期に現場を確認検討後、沼田市、みなかみ町に繋いでいただけることになりました。

当事務所としても解決まで見守って行きたいと思います。

(金井康夫事務所)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です