障害者が働く飲食店について(読売新聞より)

沼田市上原町にあります飲食店「どんぶりめし 繋(つながり)」様の記事が読売新聞にて大きく取り上げてられていましたので紹介させていただきます。

 

同店は障害者を積極的に雇用する取組みの一環でオープンし、現在11名の障害者が働いています。

接客風景:裏方の仕事のみならず困難と思われる接客業務も行う(読売新聞より)

 

 

障害によっては業務を円滑に行うことが困難な時もあるようですが、様々な工夫により克服を目指しています。

 

 

店名の「繋」は障害者の雇用に対して新たな段階に繋げてほしいという願いも込められているようです。

 

 

障害者雇用率が停滞するなかこちらの取組みが障害者の雇用促進に「繋」って行くこと期待しております。

(金井康夫事務所)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です