新型コロナウイルス(ファイザー社製)ワクチン接種について(令和3年3月19日現在)

新型コロナウイルスワクチン接種に関して相談がありましたので改めて県の健康福祉部に確認してみました。(令和3年3月19日現在)

 

 

参考資料:健康福祉部薬務課新型コロナウイルスワクチン接種準備室資料より

 

 

 

医療従事者向けの優先接種としてはすでに3月5日から県内基本型接種施設に供給が開始されています(早い施設では当日から開始)。

最新の情報によると上記の第2弾として3月第4週から計12箱、第3弾として4月第3週から計76箱程度が新たに県内に供給される予定ということです。

5月第3週には県内医療従事者が全員2回接種できる量のワクチンが供給される予定ということです。(上記資料参照)

 

 

また高齢者向け優先接種に関しては、先に示された4月中に県内57箱供給されるのに加え、最新の情報では5月9日までに全国4000箱(人口割で県内62箱程度)が新たに供給される予定です。

更に5月中は全国で毎週9188箱(人口割で県内141箱程度)の供給が新たに見込まれるほか、6月中も、5月分を上回る供給が見込まれています。

これらの新たに見込まれる供給分は、実際には各市町村の需要に応じたワクチンの配分がされる予定です。

最終的には6月末までに、65歳以上の高齢者全員に2回接種する分のワクチンが供給される予定です(上記資料参考)

 

沼田市の主な会場として保健福祉センター・文化会館・白沢多目的ホールなどを予定しています(決定ではなく今後正式に発表されます)。

 

 

着々と進んでいますワクチン接種が早期の収束に繋がることを切に願います。

(金井康夫事務所)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です