大原交差点改良事業について

県による単独公共事業として進行中の沼田市利根町大原交差点改良事業に関して工事の進行を心配する相談がありましたので調査等対応を致しました。

 

当事業は老神方面への右折車線および歩道を設置することにより渋滞の緩和、歩行者や自転車の安全な通行を確保することを目的としております。

こちらに右折車線と歩道が設置される

 

 

現場を確認したところ、住民の方々のご協力により交差点付近の家屋等の撤去、移設は進んでいました。

 

老神方面の市道の整備も徐々に進行

 

 

沼田土木事務所片品営業所の話によると現在は付近の補強工事を行っているようです。

 

今後は信号機や電柱の移設に合わせ現在の交差点を少し片品側に移し、現状の鋭角な交差点から直角に近い交差点に改良する工事を行います。これにより今まで困難だった片品方面からの大型車の進入も可能になります。同時に老神方面への右折車線、歩道の設置なども行われ令和3年度中の完成を予定しています。

 

工事は着実に進行しているようですが、交差点の見通しが悪く危険なうえ、行楽シーズンには渋滞も予想されますので早期の完成を切望致します。

(金井康夫事務所)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です