利根町アツ沢沿いに関する要望

沼田市利根町老神地内、東橋付近砂防ダムより流れるアツ沢に関する相談がありました。

 

相談者によるとアツ沢下流の川幅が狭い箇所から大雨時に水が溢れることがあるようで付近田畑への被害を心配していました。

以前は当該箇所付近で度々越水・また広範囲に土砂が押し寄せる大規模な災害が発生していまたが、東橋付近に砂防ダムが建設されてからは大規模な被害は防げているようです。

 

 

現場を視察したところ、要望箇所からおよそ100m上流付近は川幅も広く整備されていたが要望があった田んぼ沿い付近は川幅が狭いうえに土手も改良されてない箇所がありまた雑草が繁茂するなど水害の危険性が高いと思われ、水路の改良・雑草等の撤去が必要と感じました。

 

現場上流は川幅も広く整備(両側に蛇篭設置)されていた

 

わずかに石垣の土手はあるが雑草が繁茂し川幅を狭めている

 

雑草が覆い尽くし河川と土手の判別ができないほどに(要望付近)

 

 

当該箇所は沼田市の管轄でしたが砂防ダムに関係していること、また当事務所に相談されましたので沼田土木事務所鎌田営業所に相談と同時に大島崇行市議を介して市の建設課ならびに利根支所に繋ぎました。

 

 

県としては砂防ダム付近また砂防指定地に関しては河川の整備を兼ねた要望箇所への根本的な対策として堆積土砂の撤去を行っていただけることになりました。

 

また市としては予算要望し今年中には堆積土砂・雑草の撤去を行う予定とのことでした。

 

今後、進展・解決がありましたらご報告させていただきます。

(金井康夫事務所)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です