緊急告知 赤城根橋(主要地方道沼田大間々線)路面陥没により全面通行止め

沼田市利根町、主要地方道沼田大間々線上に位置する赤城根橋(白沢町岩室~利根町日向南郷)の路面の一部が陥没し現在(9月7日より)通行止めとなっています。

 

発見当時 穴の大きさは徐々に拡大している(沼田土木事務所より)

 

 

沼田土木事務所の説明によると、9月7日8時30分頃通行車が舗装の穴を発見、直ちに県による現地調査を開始(一時片側通行)、その後専門家の調査により舗装面のみならず路面を支える床版コンクリートの劣化を確認、さらなる拡大の恐れがあると判断し同日18時橋梁前後を含む1.2kmの全面通行止めを開始しました。

 

県発表の迂回路(沼田土木事務所より)

 

資料内①輪組大橋交差点迂回路(老神片品方面は通行可)

 

資料内②南郷郵便局交差点迂回路(普通車は通行可と表示)

 

資料内③南郷橋分岐通行止め箇所

 

資料内④県道日向南郷大原線交差点通行止め箇所(老神片品方面は通行可)

 

利根町砂川迂回路

各迂回路案内において行先・普通車走行可などの情報が表示されています。

慌てずゆっくり確認していただき充分な安全確認のうえ走行をお願い致します。

 

 

 

現状は専門家による原因究明と応急処置ができるのか検討段階で復旧の時期については未定です。事務所としては早急の対応を要望致しました。

 

今後何か進展がありましたら県より連絡をいただけることになっておりますので情報が入り次第ご報告させていただきます。

地域住民・利用者のためにも早急の復旧を切望致します。

(金井康夫事務所より)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です