県道沼田大間々線沿い歩道整備事業完了ならびに側溝安全対策要望 解決

沼田市上久屋町地内、県道沼田大間々線歩道整備事業完了、またそれにともない当事務所に相談がありました、歩道・側溝に関する安全対策要望も解決しましたのでご報告致します。

 

上久屋歩道整備事業は令和3年12月に完了し歩道が整備されたことで歩行者の安全な通行空間が確保されました。

上久屋歩道整備事業 整備前

整備後

 

整備前 歩道がなく危険(写真:沼田土木事務所より)

整備後 充分な通行スペースが確保

およそ1kmにわたり整備された

 

 

 

また歩道整備事業の完了と同時期に解決しました側溝安全対策要望に関してですが、当該側溝は道路まで1mほどの高さがあること、また側溝には蓋がない上、すぐ先で片品川の断崖絶壁へと続く急流と合流しており大変危険な状況で、以前は車の転落や死亡事故も発生しました。

 

沼田土木事務所に要望し、この度の工事によりガードレールが設置され歩行スペースも確保されました。

 

解決前:歩道スペースがなく高さもあり大変危険

解決後:要望通りガードレールの設置、歩行スペースなど安全対策が行われた

要望箇所を含め30m以上にわたりガードレールを設置

 

 

解決にご尽力いただきましたすべての皆様に感謝申し上げます。

 

歩道整備事業完了、またガードレール等安全対策が解決しましたが事故0を目標に一人一人が安全運転・安全歩行を心掛けていただきたいと思います。

(金井康夫事務所より)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。