発知川護岸整備要望

沼田市発知新田町地内、発知川護岸に関して相談がありました。

 

視察を行ったところ、現場はコンクリート護岸が途切れた付近の蛇篭堤防が崩落し同時に樹木も河川に倒れ込んでいました。

堤脚部(堤防の下部)が河川により浸食されたこと、また降雨などで堤体に水が浸透し地盤が緩み崩落したと思われます。

 

沼田土木事務所に繋いだところ、河川の流水の阻害、さらなる堤防の損傷を引き起す恐れがある倒木については早急に撤去等対応を行っていただきました。

河川内の樹木はすぐに撤去

 

今後本格的な堤防整備に関しては調査・設計を行った後、予算要望を行ってまいります。

 

台風シーズンまでの解決を望みますが、再発のないよう綿密な設計を行ったうえでの完全な解決を切望致します。

(金井康夫事務所より)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。