片品川右岸崖崩落対策(現場視察)について

以前から他方面より相談・要望がありました、沼田市利根町老神地内、一級河川片品川右岸の崖崩落現場を視察してきました。

 

今回の視察には国土交通省政務官清水真人参議院議員をはじめ中曽根康隆衆議院議員・星野稔市長・山宮敏夫市議会議員、そして地元関係者らが参加致しました。

 

 

 

また視察後には同行していただいた地元関係者との座談会が行われ今後の対策などについて話し合われました。

 

 

 

 

一級河川区間は本来、県の管轄ですが当該区間は下流に位置する薗原ダムの湛水域(水を貯める区間)であることからダムを管理する国土交通省の管轄であることが判明し中曽根康隆事務所に繋ぎました。その後、山宮議員ならびに市長にも要望があがり今回の国・県・市による視察となりました。

 

当視察により老神温泉の揚湯施設への通路の寸断(現在は仮設階段があるが危険)揚湯施設管理に支障をきたすとともに、付近建物の崩壊の危険性、河道の閉鎖などたくさんの問題・課題を知ることができました。

河川保護の観点も含め、何より人命にかかわることでもありますので早期の対策を講じ解決を切望致します。

(金井康夫事務所より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。