上野三碑ユネスコ「世界の記憶」登録決定

飛鳥から奈良時代にかけて建立された三つの古代碑「上野三碑」(高崎市)がユネスコの「世界の記憶」(世界記憶遺産)に登録されました。
群馬県としては、「富岡製糸場と絹産業遺産群」に続き2件目です。
漢字や仏教などの渡来文化の広がりや、多民族による共生社会を形成していたことを示す史料的価値が評価されたようです。

関係各位の皆様の並々ならぬご努力に感謝申し上げます。

登録祝賀セレモニーが県庁にて行われました。

高崎のブルーベリーで作ったようかんです。
これからよいお土産になりますね。

改めまして、誠におめでとうございます。
この上野三碑の価値を群馬県議会としても積極的にPRして参ります。

(金井康夫事務所より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です