アフリカ豚コレラ侵入防止緊急支援事業について

群馬県知事、執行部の迅速な対応が目立ってます。乗り越えなければならない大きな壁がありますが、やるべきことをひとつづつです。

近隣県において野生イノシシの豚コレラ陽性事例が確認されています。また、令和2年4月に飼養衛生管理基準の改正予定にもともない群馬県では豚コレラ侵入防止に向け全養豚農家に対する支援を行います。

 

―当事業の対象とする侵入防止柵の使用について-

①対象獣種

イノシシ。ただし飼養豚の死体保管場所は中小動物(タヌキ・ネズミ等)も対象。

②柵の種類・素材

金網柵(ワイヤーメッシュ等、広義の金網柵)など物理柵。

③柵の高さ

地上高さは90cm以上が目安。

④その他

網の地際を掘り起こすことが想定されるので折り返しやアンカー等適切な処置をする。またトタン以外の素材については公共事業による「鳥獣侵入防止柵」での設置導入実績がある商品とする。

 

詳しい相談・お問い合わせは、管轄の県農業事務所にご連絡下さい。

(金井康夫事務所より)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です