群馬プレデスティネーションキャンペーンの実施結果について

2020年4月1日~6月30日に開催する「群馬デスティネーションキャンペーン」(以後、群馬DC)に先駆け、2019年4月1日~6月30日まで「群馬プレDC」を開催しました。

群馬プレDCオープニング記念イベントの出発式(群馬県ホームページより)

 

【DCとは?】

JRグループ6社と地方公共団体や住民、観光関係者などが一体となって取り組む国内最大規模のキャンペーン。

来年のキャンペーンは、9年ぶりに群馬県が開催地として選ばれた。

 

【プレ群馬DCの実績(対前年比)】

・県全体の観光入込客数:104.8% 16,504,332人

・主な温泉地の宿泊客数:109.4% 1,258,717人

利根沼田の観光入込客数は、4月~6月の合計、106.9%、また温泉地の宿泊客数は水上温泉郷106.9%、老神温泉119.8%、猿ヶ京101.6%とすべて前年を上回っています。

詳しい実績結果、評価、課題については県観光物産課ホームページ

https://www.pref.gunma.jp/houdou/g36g_00163.html

をご覧ください。

 

 

群馬DCが開催される来年は、春に完成する群馬コンベンションセンター「Gメッセ群馬」との相乗効果により、さらなる交流人口の増加や消費の拡大が期待できます。

来年の「群馬DC」の大成功、またそれを契機に、令和2年が群馬県を大きく飛躍させる年になること切に願います。

(金井康夫事務所より)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です