県道下久屋渋川線 拡幅要望について

沼田市下久屋町、主要地方道沼田大間々線の下久屋交差点付近から県道下久屋渋川線への道路拡幅の要望がありました。

 

下久屋交差点付近(手前は萬延橋) 赤斜線が要望箇所(yahoo地図より)

 

 

大型車両の通行が不便、また交通量も多く渋滞が度々起こるようです。

こちらの案件は手前まで拡幅工事が終了しているだけに度々要望が上がります。

すでに完成している箇所の土台部分

奥に見える反射板(オレンジ色看板)まで完成している

上記写真の反射板の先、拡幅要望現場 急に狭くなるのが分かります

 

以前にも事務所に相談があり対応しましたが、今回利根郡昭和村からも要望が出ましたので再度、星野寛県議会議員、昭和村林勝美村議、同じく横坂末吉村議と沼田土木事務所を訪問しました。

 

結論から申し上げますと今現在、用地の問題で拡幅は難しいということです。

拡幅するには人家のある道路北側の用地が必要で、現段階ではそちらの用地確保は困難と思われます。
また、学校が近く交通量が多い上、道幅からして工事中は片側通行にできない(全面通行止めになる)、工期も年単位でかかると予想される等、様々な問題があるようです。

 

度々要望が上がることから、県は予算の問題で工事が中断した訳ではないことを分かってほしいとお話してました。

途中まで完成しているだけに早期の解決を期待致します。

(金井康夫事務所より)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です