雨水浸水被害対策要望 解決

昨年(令和3年)から対応・対策を行ってまいりました、沼田市清水町地内の浸水被害相談案件が解決となりましたのでご報告致します。

 

要望当時の現場状況は、利根沼田行政県税事務所が管理する駐車場内にたまった雨水が駐車場出入口から市道を越えて現場付近枝道に流れこみ、周辺家屋への深刻な浸水被害が発生していました。

また、もう一方の出入口は流水の影響を受けづらい高い位置にあるうえにグレーチングが設置されていました。

駐車場内から大量に流れる雨水

 

対策がなされている出入口からの流出はほぼ見られなかった

 

 

当初の対応としまして相談後すぐに沼田市建設課・利根沼田行政県税事務所職員らと現場視察を行いました。

視察当日は晴天により流出の状況等全て把握できませんでしたが、できる範囲の応急処置として市建設課より枝道と市道との出入口をアスファルトで高く盛る補修工事をしていただきました。

市道(写真左側)から枝道への浸水を防ぐ応急処置

 

 

後日降雨時に視察を行ったところ駐車場内の雨水が市道に流出する状況を確認、また出入口にグレーチング等流出抑制対策もなされていないこともあり再度県に要望した結果、流出防止の応急措置を行っていただきました。

 

応急措置として土嚢を積み流出を抑制(出入口を封鎖)

 

その後県庁より総務部財産有効活用課次長らが視察・検討した結果、流出が確認された出入口をコンクリートで封鎖し当初から要望していたグレーチングの設置もなされ令和3年度内の解決に至りました。

 

流出が確認された箇所(要望当初)

解決後:数メートルわたりグレーチングを設置

 

 

視察や応急措置など早急な対応を行っていただいた大島崇行市議会議員ならびに沼田市建設課、また解決にご尽力いただいた利根沼田行政県税事務所をはじめすべての皆様に感謝申し上げます。

 

対策工事完了により解決となりましたが、完全解決のため今後は豪雨時の効果検証を行っていきたいと思います。

(金井康夫事務所より)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。