産業経済土木 常任委員会

1370391710741昨日、産経土木常任委員会が行われました。

審議内容につきましては、今後の群馬県の経済成長を占う上でも重要な委員会でありました。

国の緊急経済対策に係る補助金への取り組み状況ですが、群馬県では、付加価値の高い成長分野における産業や、商店街の活性化による地域経済の活力創出を図るため、経済産業省等の補助金の獲得に積極的にチャレンジする県内企業に対して、事業計画のブラッシュアップなどを行い、国の補助金などの獲得支援を行っています。

ものづくり中小企業や商店街まちづくり事業、地域商店街活性化事業などは、全国でトップレベルの獲得となっています。

今後の景気回復につながるものと思われます。
今回の補助金が一過性のものとならないように群馬県としてもフォローが大切だと思います。

その他に労働政策課では、群馬県庁におきまして、県内の特別支援学校高等部に在学中の生徒を全庁的に受け入れることとなります。

これらの取り組みは、初めてのことであります。
県職員の障害者の就労に対する理解を深め、障害者の就労可能な職域の開発にも繋がるものと思われます。

30名受け入れ予定です。

今日も、県土整備部の委員会審査となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です