林政議連勉強会

昨日、3月13日 15時30分から

林政議連勉強会が行われました。

環境森林部の平成25年度、当初予算の状況が説明ありました。
総額、17,407,463千円で体前年度比105.8%となっています。
特に目立っているのは、緊急経済対策の補正予算を足すと総額、約140億円の計上で、体前年度比170%というものであります。

以前、現地視察に行ってきました、クマの剥皮の被害現場として、みどり市に行ってきました。
このクマの被害を防ぐために適正管理として個体調整するためには、市町村が適正管理計画の基本目標を踏まえて地域計画を作成することが必要のようです。

平成25年度、有害鳥獣被害対策費として、総額466,673千円となっています。

要は市町村が駆除したければ計画を立てると群馬県が検討して、回答をする段取りとなるようです。
今後は桐生・みどり市の地区計画によると、年間で12頭個体調整することとなります。

きのこ放射線被害の損害賠償の状況 (2月末現在)
きのこ全体の請求額は、2,497,149千円に対して支払い済み額は1,648,969千円で66%となっています。
農畜産物全体では請求額、22,977,178千円に対して支払い済み額は15,716,814千円で68.4%の状況です。まだまだ農家の希望通りに行ってない状況ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です